オンラインカジノがスイス国民投票で解禁へ

オンラインカジノがスイス国民投票で解禁へ

オンラインカジノスイス国民投票で解禁へ?!がネットで話題になっています。

カジノが合法化されているスイスで6月10日、オンラインカジノの運営を認める新たな賭博法の是非を問う国民投票が行われました。

オンラインカジノがスイス国民投票で解禁へ

スイス放送協会が伝えた開票結果は…

  • 賛成約73%、
  • 反対約27%で
    可決された。

新法には、収益拡大によりギャンブル依存症対策強化する狙いもあるようです。

カジノ解禁に向け、法整備を急ぐ日本にとっても、依存症対策に力を入れるスイスの動きは参考になると思います。

インターネットの検閲につながる恐れ

昨年、スイスで制定された新賭博法では、一定の条件下でオンラインカジノの運営を認めました。

しかし政府が条件を満たしていないと判断した場合はサイトへのアクセスを遮断できるようです。

また、依存症対策をカジノ運営者だけでなく、所在地の州政府などにも義務付けしたようです。

これに対して若手議員らは、サイト遮断の権限を政府に与えると「インターネットの検閲につながる恐れがある」と反対し、5万人以上の署名を集め、国民投票の実施に持ち込んだ背景があるようです。

まとめ

このスイスの流れで行くと、日本でもまずカジノが合法化へ。

その後、オンラインカジノ運営も認可されるようになるのでないでしょうか。

オンラインカジノの運営を合法化することによりギャンブル依存症対策の費用等をねん出するという大義名分もたちますね。

コメント