オンラインカジノに税金はかかるか確定申告になるのか?!

オンラインカジノだけなぜ税金は発生するのか?!

オンラインカジノだけなぜ税金は発生するのか?税金の計算方法も含めて説明していますので、オンラインカジノで大儲けする前に!?一度はチェックしてみて下さい。

オンラインカジノだけになぜ税金はかかるのか?!

いくら儲かったら税金を払うのか?

最初に結論から言ってしますと…オンラインカジノで儲けたお金に対して税金はかかるのか?

1年間の利益が50万円まではかかりません。

もう少し細かく説明すると、自分が得た1年間の間の利益が50万円を超えない場合は、申告する義務がなく税金を払う必要がありません。

それでは、

なぜ税金がかかるのか?について解説していきたいと思います。

オンラインカジノの利益は一時所得?!

オンラインカジノの利益は、日本の法律では、一時所得としてみなされてしまいます。

この一時所得って一体何なんでしょうか?

一時所得の定義については下記の内容になります。

一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。

国税庁
  1. 懸賞や福引きの賞金品
  2. 競馬や競輪の払戻金
  3. 生命保険の一時金や損害保険の満期返戻金等
  4. 法人から贈与された金品
  5. 遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等

簡単に言うと、

オンラインカジノはもちろんですが、競馬やパチンコ・スロットそして福引などの賞金や賞品の払い戻しに関しても一時所得になります。

お金を拾っても一時所得になるんですね。

パチンコや競馬の利益も税金を払う必要がある‼

パチンコ、パチスロ、競馬、競艇、競輪などで勝ったお金にも税金を払う必要があります。

でも、パチンコや競馬で勝って税金を払っているという人を聞かないのはなぜなんでしょうか?!

それはなぜかと言うと、 

税務署がお金の動きを把握出来ないからです。

税務署が把握出来ない

パチンコ、パチスロ、競馬などの利益を現金で受け取ってる場合、お金の移動がデータに残りません。

税務署は銀行のデータを見て、税金の管理をしているので、銀行を通さないお金は税務署が管理することが出来ないです。

そのため

パチンコや競馬で勝った金額を申告しない人ばかりになってしまっていますが、法律上は支払う必要があります。

オンラインカジノはなぜ払うのか?

日本の他のギャンブルが儲かっても払わなくていいならオンランカジノで儲けたお金についても払わなくていいように思いますよね。

ちょっと不公平な感じですが…

オンラインカジノの場合、出金データーが記録に残ってしまいます。

そうすると

「税務署がデーターの管理が可能になる➡納税額が算定出来る➡一時所得として課税出来る」というサイクルが完成します。

ベラジョンカジノの出金方法は、2通りあります。

それは、銀行振り込みと電子マネー決済です。

税務当局の指導があったのか分かりませんが、最近は電子マネー決済を選んでも、そこから出金するのにハードルが高くなっており、身分証明書や写真の提出などを求められるます。

そんな理由もあり、ほとんどの人が出金するのに銀行振込を利用していると思います。 

この場合は、銀行に送金データが残ってしまい、税務署がお金の流れを知る事が出来きます。

ここまで聞いてちょっと気になる方もいると思います。

ランドカジノはどうなるのか?!

それは、最近話題のカジノIRが日本で誕生してランドカジノが出来たら、前述したようパチンコや競馬と同じように儲けたお金を現金で受け取るようになりますよね。

そうしたら税金を払わなくていいという理屈が通るか…

同じカジノでもオンラインカジノは課税対象でランドカジノは対象外というちぐはぐな感じになります。

そんな中で、最近ではパチンコ税(※)導入の動きも再度検討されているようですね。

パチンコ税とは、2014年2月、自民党の「時代に適した風営法を求める議員連盟」(保岡興治会長=通称風営法改正議連)が、換金するときに客から1%の「パチンコ税」を徴収して、年間2000億円の税収確保を目論む案を提出したことがある。20兆円市場の1%で2000億円という数字を導き出していた。

WIKI

ビットコインで税金対策出来るのか?

ビットコインで出金する事で税金対策をする事が出来るのかという話題がよく聞かれますが、ビットコインも出金する時には、銀行での振り込みです

ですので、

ビットコインでカジノから引き出しをしたとしても、税務署にはお金のやりとりが分かってしまうので税金を支払う必要があります。

そしてビットコインのまま保有しておけば、税務署は分かりませんが、日本円に変える事が出来ませんのであまり現時点ではあまり意味がないかも知れません。

オンラインカジノの税金の計算方法

不公平感満載ですが、オンラインカジノで儲けたお金にいくら税金がかかるのか計算方法について見てみましょう。

オンラインカジノで1年間の間で得た利益が50万円を超えない場合は、税金を払う必要がありません。

一時所得の計算方法

オンラインカジノで得た利益にかかる税金の計算方法は下記の式になります。

「一時所得=総収入-総支出-特別控除額(最高50万円)」

一時所得の計算方法に100万円で計算してみましょう。

50万円=100万円-0円-特別控除額 (最大50万円)

オンラインカジでは支出金額はないと考えるので特別控除(最大50万円)を引いた金額が適用されます。

そうすると、50万円が一時所得の対象となります。

これに所得金額の1/2に相当する金額を他の所得の金額と合計し、総所得金額を割り出し出します。

納める税額を計算します。

仮に年収を「300万円」すると、

(300万円+50万円)/2=175万円が課税対象です。

さらに、そこから所得税の割合を出します。

所得税の速算表

課税される所得金額税率控除額
195万円以下5%0円
195万円を超え 330万円以下10%97,500円
330万円を超え 695万円以下20%427,500円
695万円を超え 900万円以下23%636,000円
900万円を超え 1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円超45%4,796,000円

該当する税率が195万円以下のため、税率が5%です。

最終的に8万7500円が税の対象となります。

最終的な計算方法をまとめると:

(給与所得+一時所得/2)×税率-控除額=所得税

オンラインカジノの税金は、負けたらノーカウントで、勝つたびに課税されるという怖いルールになってます。

ここに気になるギャンブルの判例があります。

競馬の脱税裁判です。

以下の判例の抜粋ですが、はずれた馬券も必要経費として認める判例です。

公営ギャンブルで儲けて、税金を申告していなかった場合の裁判例があります。
競馬脱税裁判
大阪市の元会社員が2007年から09年の間、インターネットで28億7000万円の馬券を購入し、払戻金30億1000万円を得た。一般的なサラリーマンの場合、一時所得のもうけが年90万円を超えると申告義務が生じるが、元会社員はこれを怠ったとして大阪国税局が税務調査。6億4000万円の所得税が課され、検察は払戻金を申告せず5億7000万円を脱税したとして起訴した。5月23日の大阪地裁判決は所得税法違反は認めて、懲役2月・執行猶予2年(求刑懲役1年)を言い渡した。しかし、脱税額については「利益は外れたレースも含めて継続的に馬券を購入してきた結果によるもので、当たった馬券の購入代だけでなく、外れ馬券の代金も必要経費になる」という元会社員側の主張を認め、5200万円に減額した。

と言うことは…

将来的にオンラインカジノでも負けた分も必要経費として認められるときが来るのかも知れませんね。

どちらにしても、今はまだ、少し面倒ですが、毎回記録を付けておいた方がいいようです。

僕の場合、ベラジョンのマイカジノから「取引履歴」のタブを選び「全ての履歴」をエクセルにコピペしています。

税金発生カレンダー

オンラインカジノの税金が発生するタイミングについてですが、 毎年1月1日~12月31日のちょうど1年間に得た収入を、翌年の2月16日~3月15日で確定申告をします。

確定申告はオンラインや税務署に出向いて行います。

この時に気をつける事は、申告は前年度の1年間が対象なので、申告する新しい年の1月からの収入は計算に入れない事です。

新しい年の収入は翌年の税金で払います。

確定申告に必要な書類

確定申告を行うときに、必要となる書類は以下の通りです。

  • 源泉徴収票(企業勤めの場合、年末年始頃に企業から受け取る)
  • 支払調書(年末年始頃に、オンラインカジノ側から受け取る)
  • 経費の領収書(所得が300万円以下の場合は不要)

「支払調書」に関しては、オンラインカジノに直接問い合わせて受け取るか、自身で収支明細をプリントアウトする、自分でつけた帳簿などでも大丈夫な場合があります。

書類を用意した後は、普通に確定申告を行うだけです。

初めての方は難しく感じるかもしれませんが、わからないことがあっても税務署の方に直接聞けばいいので安心です。

サラリーマンは要注意!

サラリーマンの方に気をつけていただきたいことがあります。

確定申告書の2面、【給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法】という欄にある【普通徴収】にチェックを入れることです。

ここにチェックを入れないと自分の会社に副業していることがばれてしまします。

副業禁止の企業であれば問題になりますし、そうでなくても「このその他の所得って何で稼いだの?」などと聞かれたくはないですよね。

チェックを入れておけば、住民税徴収票が自宅に届くようになりますので、企業にお勤めの方は必ずチェックするようにしましょう!

かしこい遊び方とは?

基本は軍資金として口座に置においておき、年間50万円を超えないはんいで出金します。

1ヶ月に4万円なら、年間50万になりませんから、この考え方はありですよね。

正確には41,000円、月のお小遣いが増えることになります。

大きい遊びをするには足りない金額ですが、税金の面倒な手続きをせずにゲットできる金額としては、悪くないかもです。

まとめ

オンラインカジノの勝利金を引き出すときは、できることならATM出金など銀行の記録に残らない方法がベストです。

それを行うためには、ペイメント会社が発行している専用のカードを使うのがおすすめです。(現在専用カードはほとんどが休止中です) 

確定申告に必要となる支払調書などについてもオンラインカジノ側は毎年のことなので慣れていますから分からないことがあったら躊躇なく相談した方がいいようです。

どちらにしてもまず勝つことが最優先ですよね。