バカラにハマる理由はルールが簡単で還元率が高いから!?

バカラにハマる理由はルールが簡単で還元率が高いから!?

今更ながらですが、バカラにハマる理由とは何でしょうか。

還元率が高いのは言うまでありませんが、その一番の理由は…

ルールが簡単だからではないでしょうか?!

バカラにハマる理由はルールが簡単で還元率が高いから!?

カジノ側の収益が最も多く上がるゲームが「バカラ」です。

カジノのメッカであるマカオはもちろん、シンガポールでも、もちろんラスベガスでも、バカラの収益はテーブルゲームの台数では5倍以上もあるブラックジャックを軽くしのぎます。

その人気の秘密は、バカラが、一方的に胴元が儲かるゲームだからではありません。

バカラの基本ルール

多くのカジノには、大金を賭けるVIPをもてなす豪華でラグジュアリーなスイートルーム並みのルームが、あるいはハイリミット・エリアがあります。

そこに置かれているゲームテーブルは間違いなくバカラです。

興奮のるつぼにあるプレーヤーを見物するのにも、ルールを知っているかどうかで面白さは格段に違いです。

「バンカー(B)」か「プレーヤー(P)」か、交互に配られるカードの合計が(下1ケタ、絵札は0と数える)が“9”に近いほうが勝ちです。

マカオのバカラ台は漢字表記で、Bは「庄」、Pは「●(=門に中が月)」、引き分けの「タイ(T)」は「和」となっています。

バカラの遊び方はとっても簡単で、結果を予想して、その場所にチップを賭けます。

勝負の決まり方は?

賭け方はいたってシンプルですが、最初に戸惑うのが、勝負が2枚で決まるのか、それとも3枚目を引けるのか、の違いです。

2枚で決まるケース(その1)

伏せて配られた2枚のカードを先に開くのはプレイヤーです。

いわば“先行”です。

続いてバンカーが2枚のカードをオープンします。

ナチュラル8とナチュラル9

ここでどちらかが(両方でも)、合計“9”か“8”を引いたときは、その時点で勝負ありです。

この一発決着を「ナチュラル」と呼びます。

例えば、

絵札(ゼロ)+9、4+5などの組み合わせは最強の“ナチュラルナイン”です。

セカンドベストの“ナチュラルエイト”は絵札+8、もしくは4が2枚、3+5などの組み合わせです。

2枚で決まるケース(その2)

プレイヤーは合計「9」と「8」のほか、「7」「6」でもスタンドです。

つまり2枚のカードで勝負します。

対するバンカーは「9」「8」「7」でスタンドです。

参考:ペラジョンライブバカラを攻略する3つの方法

3枚目での決着

2枚で決まるケース(その1とその2)で決まらなかったときは、まず先にプレイヤーが3枚目を引きます。

後攻の万感ーが3枚目を引くかどうかは、ぷいれやーの3枚目の数字によって細かく決められたルールがあります。

それを示したのがこの表↓です。

Bはバンカー/Pはプレイヤー

プレイヤーが桃色数のとき、バンカーは3枚目を引かずに勝負します。

プイレイヤーが緑色数のときはバンカーが3枚目を引いて合計数で勝負します。

このルールが定められているため、プレイヤーとバンカーが勝つ確率は五分五分ではなくなります。

 プレイヤー「P」の勝率は44.62%
 バンカー 「B」の勝率は45.84%
 タイT(引分)9.52%

引き分けのときは勝負なしで、賭けたチップが戻ります。

となれば…

プレイヤーかバンカーで迷ったときはバンカーに賭けたほうが有利だと思ってしましますよね。

そこで、

バンカーの勝ちには胴元であるカジノは5%のテラ銭(コミッション)を取るのです。

プレイヤーが当たったときの配当は2倍です。

バンカーが当たったときはコミッション分を引いて1.95倍となります。

Tの出る9.52%を元返しで計算して、

プレイヤーの払戻率は98.76%、バンカーの払戻率は98.94%と、ほとんど差がなくなります。

そして、ほかのゲームやギャンブルに比べて払戻率が高いこと。

これがバカラの大きな魅力の一つなのです。

参考: バカラで60ドルを240ドルにする自己ルールと攻略法