バカラで勝率を上げるテーブル選びとは?

バカラで勝率を上げるテーブル選びとは?

バカラで勝率を上げるためには何をすればいいのでしょうか?

今回は簡単に実行出来るバカラで勝率を上げるためのテーブル選びをご紹介します。

バカラで勝率を上げるテーブル選びとは?

今から紹介する方法を実行することで、僕はバカラで負けることが少なくなりました。

バカラはテーブル選びが命

”人形は顔が命”

バカラはテーブル選びが命です。

バカラは、テーブル選びが勝敗の80%を占めていると言っても過言ではないと思っています。

こんなように偏っているテーブル( 17回連続でバンカーが来る )

17回連続でバンカー

または、こんな感じで一定の規則性があるテーブル。(6連続バンカーが3連続している)

6連続バンカーが三連続

よく大数の法則を引用することがありますが、バカラはゲームの流れによってバンカーかプレヤーに偏ることがよくあるのが事実です。

大数の法則とは「無限にかけ続けると確率が平均値に近づいていく」というものです。

ベラジョンのバカラテーブルの一覧(ロビー)

次にエントリーしやすいテーブルの探し方を見てみましょう。

エントリーしやすいテーブルの探し方

ポイントとして:

  1. 偏ったり、規則性のあるテーブルをベラジョンのバカラテーブルの一覧(ロビー)から探します。
  2. 1つのテーブルは70目前後なので、それを前半、中盤、後半の3つに分けます。
  3. 50目が終わっているような後半に差し掛かっているテーブルはよっぽどズラが続いていない限りエントリー対象にはなりません。
  4. 前半20ゲームまでの動きと中盤の20から35ゲーム位を観測対象とします。
  5. 僕は、4つのテーブルを選んで拡大して観測しています。
  6. こんな感じです。
バカラ4つのテーブル

そして、自分が見極めた癖にひたすら張り続けます。

大切なのは、

一度、そのテーブルで決めたルールは変えないことです。

例えば、

バンカーを選んだならそのテーブルではひたすらバンカーにベットします。

負けても最後までルールを変えない

これがキーポイントになります。

例えば上記のテーブルを見て下さい。

プレイヤーが18連勝しています。

僕は6連勝したところからプレイーに賭けはじめました。

それまでは2連続までで止まっていたので、 プレイヤーが4連続で勝ったことを合理的根拠としてベットしました。

まとめ

バカラは別名英語でPatient Gameと言います。

忍耐のゲームと言われているほど忍耐が必要です。

焦ってベットするとほぼ負けます。

じっと待って、さらに待って、チャンスが来たら一気に加速するイメージです。