ブラックジャック カウンティング 無料アプリ

ブラックジャック カウンティング 無料アプリ

一般の人にとってブラックジャックのカードカウンティングは敷居が高くて記憶力が相当よくないと出来ないと思っている人が多いと思います。

普通の人でも簡単に練習が出来るカードカウティングの無料アプリがあったら興味ないですか?

そこで、今回は僕が実際に使っている試してブラックジャックのカードカウティングアプリを紹介します。

ブラックジャック カウンティング 無料アプリ

カードカウティングとは?

ブラックジャックカードカウンティングとは、既存のカードのカード数を数えることで出目を予測する方法です。

テーブルに出た既存のカードの出目を3つのパターンに分けて、まだ場に出ていないカードを予測します。

シューの中の残りカードはゲームを進めることで、絵札が多くなったり、エースが少ないなどの偏りが起こります。

その偏って残っているカードから配られるカードを予測するのがブラックジャックのカウンティングの基本的な考え方です。

シュー

シューとは、ディーラーが配るカードを入れておくボックスのことです。

次に無料アプリのダウロード方法について見てみましょう。

無料アプリのダウンロード

カウティング無料アプリ

このアプリはApple Storeからダウンロード出来きます。https://apps.apple.com/us/app/blackjack-card-counting-practice/id605286395

Blackjack Card Counting Practice

Blackjack Card Counting Practice

このアプリは以下の4つのタイプのブラックジャックのカウティングが練習出来ます。

  1. Hi-Lo
  2. Hi-Opt1
  3. Hi-Opt2
  4. Wong Halfves

上から簡単な順に並んでいるので最初は1. Hi-Loから挑戦してみるのがいいと思います。

4つのカウンティング法とは?

カードカウティング

この4つのカードカウティング法は、カードの種類によってプラスマイナスする数字が違います。

一番簡単なHi-Loは2から5のカードは+1、7から9は0、それ以外のカードは-1となります。

一番難しいWong Halvesはプラスマイナスに小数点が入るのでより計算が複雑になります。

カードの種類/
カウティング法
2
3
4
5
6
7
8
9
10,J,
Q,K
A
Hi-Lo+1
+1
+1
+1
+1
0
0
0
-1
-1
Hi-Opt I0
+1
+1
+1
+1
0
0
0
-1
0
Hi-Opt II+1
+1
+2
+2
+1
+1
0
0
-2
0
Wong Halves+.5
+1
+1
+1.5
+1
+.5
0
-.5
-1
-1

百聞は一見にしかずなので、具体的な使い方はアプリを使いながら覚えるのが一番早いと思います。

カジノ側に見つかれば即退場?!

カウティングは違法ではありません。

ですが

ランドカジノの場合、カウティングしていることがバレると退場になってしまいます。

実際にアメリカのカジノで退場になった動画がありますので参考にして下さい。

参考:【動画】ブラックジャック カウンティング カジノから退場

退場になる理由は、カジノは公共の施設ではなく一企業がラインセンスを取得してカジノを運営しているので経営を脅かす存在はカジノから退場させる権利があるとの見解です。

この経営を脅かす存在というのがカードカウンターのことです。

オンカジの場合はどうか?

ライブブラックジャック

オンラインカジノでブラックジャックのカードカウティングが使えるのは、ライだけです。

ライブブラックジャックならカウティングが出来る理由:

  • カードがリセットされるタイミングが分かる
    ※赤いカードを引くと新しいカードがリセットされる
  • カードのセット数が分かる
    ※通常1セット52枚のカードが8セットがワンシューにセットされます。
  • 他のプレイヤーのカードも見れるのでカウティングがしやすい
    ※場に出ている全てのカードをカウティングする

カウティングを習得後は?

実際のライブブラックジャックで試してみます。

カードカウティングはプラスが増えればプレイーの勝率が高くなります。

そして、プラスの増減によってベットサイズを変更します。

実際のベットタイミングは?

実際のベットタイミングを見てみましょう。

まず、1ユニットの金額を決めます。

例えば、1ユニットが5ドルであれば、4ユニットで20ドルになります。

  • +2未満:1ユニットをベット
  • +2,3:2ユニットをベット
  • +4〜6:3ユニットをベット
  • +6~:4ユニットをベットします。

僕がオンカジノのライブブラックジャックをする時の目安にしているが+3です。

+3以上であればベットします。

カウントを正確にしたい場合は、シューが新しいときにカウントを開始する必要があります。

まとめ

実際にカードカウティングをやって見ると分かるのですが、ディーラーの配るスピードが速くて、最初は数字が飛んでしまいます。

慣れてくるとある程度正確にカウティング出来るようになるのですが、なかなかベットタイミングが見つからずに忍耐が要ります。

一つ言うのを忘れていました。

無料アプリなので広告が表示されますが、機内モードにすると広告は表示されなくなるみたいですね~^