ロシアがブロックチェーンと仮想通貨トレーディングを積極推進へ

ロシアがブロックチェーンと仮想通貨トレーディングを積極推進へ

ロシア財務副大臣のアレクセイ・モイジーブ氏は、記者団に対して、財務省が仮想通貨のトレーディングを許可することを検討していると記者団にコメントしました。

プーチン大統領もブロックチェーンや仮想通貨を積極的に推進する動きがあるようです。

ロシアがブロックチェーンと仮想通貨トレーディングを積極推進へ

プーチン大統領の考えは?

プーチン大統領とロシア最大の銀行バーバンク代表ハーマン・グレフの議論を特集した動画を公開しています。

※動画は日本語の字幕も選べます。

BREAKING: Putin Fully Endorses Blockchain Techhonology: Russia Has Oil and Gas But We Need Cryptos

プーチン大統領の基本的考えは

プーチン大統領は、ロシアの閣僚会議の中で:

「ロシアはブロックチェーン技術が必要である。石器時代が終わったのは、石の欠如のためではなく、新しい技術が登場したため。このブロックチェーンテクノロジー競争の後半には、先駆者に完全に依存することになる」と述べています。

ロシア最大の銀行バーバンク代表ハーマン・グレフ

プーチン大統領とグレフ氏

ロシアで最も影響力のある金融機関を監督しているグレフ氏も、ブロックチェーンを積極的に推進する一人です。

グレフ氏は、昨年11月に以下のように語っています。

仮想通貨は世界金融システムにとって不可欠になると指摘し、「受け止めなければいけない真実」と。

更に、今年一月下旬にも、バーバンクは投資家の仮想通貨に対する需要に対応するために仮想通貨取引プラットフォームを立ち上げる構想を示しています。

ロシア仮想通貨

投資家保護と企業成長戦略

プーチン大統領はロシアの報道機関TASS(タス)に投資家を守り、企業の成長を促進するための規制が実施すると述べています。

問題としては…

また、仮想通貨は交換媒体と決済ネットワークの媒体として機能することはできるが、価値の蓄積・保存の用途には懸念があると述べています。

現物通貨ではないので価値の保証は出来ない。

また、プーチン大統領は、大多数の銀行や政府関係者の視点と同調し、仮想通貨は現物に支えられていないため、その価値を保証することはできないと述べています。

課題や問題はあるが…

仮想通貨に限らず、法定通貨、株式、債券、資産、および商品においても明らかなので、今後、これらのどの資産でも市場における供給と需要をもとに価値を生み出していくと考えてるようです。。

ロシア財務副大臣のコメント

プーチン大統領の考え方を踏襲するように、ロシア財務副大臣モイジーブ氏も、仮想通貨に関する法案の中で仮想通貨トレーディングを許可するかもしれないと述べています。

ロシア議会下院(国家院)は、今後2週間で仮想通貨法案を可決する見込みと19日に報じられています。

このような動きの背景にあるのは?

ファイスブックの独自仮想通貨の台頭

フェイスブック独自仮想通貨

ロシア議会下院の金融市場委員会委員長であるアナトリー・アクサコブ氏が、フェイスブックが計画している独自仮想通貨「Libra(リブラ)」を禁止するべきと述べています。

アクサコブ氏によれば、ロシアはフェイスブックが2020年に公開すると発表した独自仮想通貨リブラの使用について、同国の金融システムの脅威になりうるために合法化しない。

アナトリー・アクサコブ

フェイスブックの仮想通貨は大きくロシアの金融システムに影響しかねないと考えているようです。

アクサコブ氏はリブラはロシアで厳しく制限されるものの、外国の金融プラットフォームで購入する事ができると認めた上で、理論上では通貨の交換、取引、販売などあらゆる種類の取引所を統制する可能性を議論すべきと述べています。

まとめ

ロシアのプーチン大統領が国を挙げてブロックチェーン技術に乗り出し始めています。

以前は仮想通貨に対して批判的であったロシアでしたが、仮想通貨のICOも昨年から支援しています。

フェイスブックの独自仮想通貨は市場からは認められつつも、拡大していくかは不透明です。

フェイスブックの仮想通貨への参入より、この分野への注目が一気に増したことは間違いなようです。

エストニアはロシア時代に暗号解析のメッカとして有名でした。

今後の仮想通貨市場のキープレイヤーとして、ロシアの動向に注目が集まりまそうですね。