東京オリンピック スポーツベット ブックメーカー

東京オリンピック スポーツベット

スポーツベッティングという言葉を聞いたことはありますか?

競馬や競輪、競艇、オートレースなど、スポーツの試合結果を予想してお金をかけるゲームのことです。

東京オリンピック スポーツベット

スポーツベットが出来るオリンピック種目

スポーツベットが熱いのはワールドカップの時期やフランスの凱旋門賞などですが…

今年は東京でオリンピックが開催されるので日本での盛り上がりも最高潮に達するのではないでしょうか。

「オリンピック競技に賭けることが出来るの?」と普通は疑問に感じると思いますが…

出来るんです!

すべての競技、すべての種目に賭けることが出来ます!

それだけじゃなく、その選手が何枚メダルを取るのか?ということも賭けの対象になっています。

スポーツベットのスピーディなオッズ更新

オッズはその試合に賭けるだけの価値があるかが大きな判断要素になります。

自分が応援しているチームや選手に賭けるのも一つですが、どうせお金を賭けるのであればオッズを見極めて儲けたいと思いますよね。

オッズとは、当たったときの配当のことです。

ブックメーカー各社のサイトを見ると、オッズが表示されています。

購入した時のオッズはゲーム間際になると変わるものですが、ブックメーカーのオッズは賭けた時のオッズがそのまま反映されます。

つまり、

当たれば賭けたときのオッズで支払われます。

僕は、ブックメーカーと聞くと、いつもプロレスのオカダ・カズチカの必殺技の「レインメーカー」を思い出してしまうんですが、 そもそもブックメーカーとは何でしょうか。

ブックメーカーとは

ブックメーカー

ブックメーカーとは、欧州で非常に高い人気を誇る政府公認の賭けの総称です。

日本では競馬や競輪といった公営ギャンブルがブックメーカーに最も近い存在と言えますが、「競技の主催者」と「胴元」が全く別であることが大きな違いとなります。

選挙やロイヤルファミリーなどの時事的な話題にベットすることも人気のブックメーカーですが、中でも大きな盛り上がりを見せるのがスポーツベットです。

スポーツベットとは、「スポーツ」に「ベッティング(賭ける)」することを指した造語です。

スポーツベッティングが出来るスポーツ

サッカー(Jリーグも含む)・野球(日米韓)・テニス・ラグビーなど人気スポーツにベットできるのはもちろんですが、格闘技やダーツ、冬季スポーツといった競技までスポーツベットの対象スポーツになっています。

またサッカーなどは、トップリーグだけではなくマイナーリーグにまでベットできるのがブックメーカーの特徴の一つです。

今年のオリンピックで腕慣らしをして、2022年のワールドカップの時に本格的にベットしてもいいかも知れませんね。

スポーツベットとブックメーカーという言葉の使い分けが曖昧な感じがありませんか。

次にこの二つの言葉の違いについて説明します。

スポーツベットとブックメーカーの違い

ブックメーカー

スポーツベットとは、スポーツの勝敗にお金を賭けることで、お金を賭けるサイトのことをブックメーカーと言います。

スポーツベットではEスポーツにも対応

esports

最近注目されているe-sports

e-sportsとは、インターネットを通じて複数のプレイヤーが競い合うスポーツ(ゲーム)のことです。

このe-sportsにもベットすることが出来ます。

スポーツベットは違法じゃないの?

日本では、法律で賭博行為は禁止されています。

刑法には、「罰金」「科料」「懲役」など怖い文言が書かれています。それなのにスポーツベットをしても、本当に問題ないのでしょうか?その疑問についてお答えしていきます。

運営会社は海外なので違法ではない

スポーツベットの各会社は海外にあり、その国ではギャンブルは合法なのです。

海外で行われているギャンブルに日本人が参加している、という形ですね。

例えば日本人が、マカオやラスベガスへ行って、現地のカジノでギャンブルに参加するのと同じことなので、何の問題もありません。

さらに、スポーツベッティングを運営するためには、厳しいライセンス審査や頻繁に実施されるテストを受け、法的に認可されなければなりません。

つまりブックメーカー(スポーツベットの会社)というだけで、社会的な信頼が高い企業とも言えるのです。

ギャンブルを行っているからこそ、厳しい公正性、透明性が必要です。

賭博罪が成立する要件を満たしていない

次に日本の賭博罪の意味を調べてみましょう。

賭博罪は風紀に対する罪であり、「賭博の公然性に問題がある」ということになっています。

公の場所でギャンブルが行われることがいけなかったわけです。

ですから、

自宅で参加する分には、公然性はありませし、周りの風紀を乱すということにもあてはまりません。

オンラインギャンブルの法整備はこれから

結局今の日本の法律で、スポーツベットに参加することを規制するものはないのです。

一応黙認されていると言って良いでしょう。

ちなみにアメリカでは2006年にインターネット賭博禁止法という法律ができました。

2018年5月、アメリカの連邦最高裁判所はPASPAを違憲とする判定を下し、アメリカ各州でスポーツ賭博を合法化する流れが生まれました。

アメリカの最高裁のスポーツ賭博合法化の流れを、ビジネスチャンスとして捉えた会社が合法化の追い風に乗ってビジネスを展開する流れが出てきています。

オンラインギャンブルに関する日本の法整備もこれからですが、数年以内には国内にカジノが建設されることも決まっていますから、スポーツベットの参加が違法になるのではないかという流れは世界の潮流と逆行するのでほぼないと言っていいと思います。

それでは、具体的にスポーツベットが出来るブックメーカーの始め方を見てみましょう。

スポーツベティングの始め方

スポーツベティングを始めるには、ブックメーカーのアカウント及び決済サービスのアカウントの2つを開設する必要があります。

その際に必要となるのが、

  • 【身元証明書類】
    ※ パスポートや運転免許証、国民IDカード
  • 【住民証明書類】
    ※ 水道光熱費領収書や住民票など
    といった本人確認書類です。

出金するタイミングで必要な場合もありますので、事前に準備しておくと便利です。

個人情報の管理に関しても安心してください。

ブックメーカーとは政府公認であり、運営会社は信頼できるライセンス発行の下で運営しています。

万が一、

個人情報の漏洩などの問題を起こせばライセンスの剥奪にも繋がるだけに、取り扱いに関しては非常に高い安全水準を満たしていると言えます。

日本人向きのブックメーカーとは

ブックメーカーを選ぶときに最も重要なのは、日本語対応ができるかどうかという点です。

ブックメーカーの運営会社は大小さまざまで、中にはライセンスを所持していない会社、信頼度の低いライセンスで運営している会社も多く、プレイヤーは安全なブックメーカーかを見極める必要があります。

また、日本語サポートが用意されているのか、信頼できる決済サービスが複数用意されているのかどうかも、重要なポイントと言えます。

しかし、どのライセンスが信頼できるのかは、豊富な知識がなければ見極めることはできません。

その運営会社が信頼できるのかどうかも、サイトを見ただけでは判断はできません。

そこで、一つの目安として、

  1. 株式上場等をして運営会社が信頼できる?
  2. スポーツベッティングサイトとして充実しているか?
  3. 満足できる日本語サポートが用意されているか?

これらの項目を最低限確認する必要があると思います。

スポーツベディグは追加ベットが可能

例えば、サッカーの試合でプレイ前に賭けたチームが前半終了時に勝っている場合、さらに追加でベットすることも出来ます。

また、反対に賭けていたチームが負けそうな場合は、相手チームにも賭けて損失を減らすことが出来ます。

スポーツベットの初回入金ボーナス

スポーツベット

初回の入金時に限り、最大500ドルまで、初回入金額と同じ金額がプレゼントされます。
つまり50ドル入金したら、所持金は2倍の100ドルに!ボーナスがあるので、初心者の方も安心してゲームに参加できます。
スポーツベッティングのカジノではなかなかない特典です!

ウイリアム・ヒルズ

英国政府公認ブックメーカーのウィリアムヒルズでも新規登録プレイヤー限定で、100%のウェルカムボーナスを最高$100でやってます。

ロトランドで世界の宝くじが買える

ロトランドは、ロトベッティングをして遊ぶオンライン宝くじサイトです。

ロトベッティングとは、公式宝くじの抽選結果を予想して賭ける、新しいタイプのサービス。当選番号を予想して、それが当たれば内容に応じた賞金が支払われます。

「国内のロトで遊べば、わざわざオンラインでやる必要はないのでは?」
そう思っていたら、大間違い!海外のロトでは、日本の何倍もの当選金を受け取ることができるんです。

初回入金オファーの取得方法

ワンコインの500円で「パワーボール」一枚「ピギーバンク」スクラッチ10枚、「メガミリオンズ」一枚、これらの人気商品をセットで特別ご奉仕!

想像を絶する521億円相当の賞金が、ワンコインの五百円でゲット可能になるという驚異のオファーです!賞金が当たれば、速攻出金GO!

オファーのリンクをクリックすると、以下の通り買い物かごに3個のコンボが入ります!

まとめ

このスポーツベティングは、特にイギリスで盛んです。ガソリンスタンドやコンビニなどでスポーツベットが出来るブースがあるところがたくさんあります。

今後日本でも流行ると思いますし、日本の会社もブックメーカーとしてスポーツベティングを扱うようになるかも知れませんね。

どちらにしても、ワールドカップやオリンピックなど、日本中が注目するスポーツイベントが行われる時期に一度は試してみても面白いかも知れませんね。

コメント