ペラジョン ライブバカラ 攻略する3つの方法

ペラジョン ライブバカラ 攻略する3つの方法

バカラはギャンブルの王様と言われくらい、昔から親しまれてきたゲームだからこそ、色々な攻略法がいくつも生み出されています。

そこで、今回は、ペラジョンのライブバカラを攻略する3つの基本となる攻略法を紹介します。

ペラジョン ライブバカラ 攻略する3つの方法

バカラの基本戦略

バカラはバンカーとプレイヤーのどちらかを選ぶ1/2の誰でも出来るゲームです。

ルールが簡単で誰れもが出来るだけに、ただ単にカンだけに頼って勝負すると必ずと言っていいほど負けてしまいます。

自分のプレイスタイルにピッタとハマるマイルールが必要になります。

ライブバカラの3つの攻略法

ここでは数あるバカラの攻略方法の中から、効果的な3つの攻略法を紹介します。

まず、バカラの攻略法で大切なのは以下の3点です:

  1. ロジカルである
  2. 分かりやすい
  3. 再現性がある

バカラで勝つ一番効果的な方法は、他のカードゲームと基本的に同じですがシューからカードの出目のパターンを読むことです。

シューとは?

バカラシューボック

1シューとは、ディーラーがカードをセットしてから区切りとなる赤いカードが出までを呼びます。

連続・交互パターンの攻略法

連続または交互パターンとは:

  • 連続:BBBB/PPPP
  • 交互:BPBP
    というパターンです。

バカラのほとんどのカードの出目は、この二つのパターンもしくは、この両方を合わせたもがほとんどです。

ランドカジノのバカラでも、オンラインカジノのライブバカラでも、ほとんどのバカラをプレイするプレイヤーは同じような攻略法を使っている言えます。

B/Pどちらを選ぶか?

バカラは基本的に「バンカー」と「プレーヤー」のどちらか2つから選びます。

「タイ」もありますが、判断基準となる規則性やパターンが見いだせていないので現時点では、バンカーもしくはプレイヤーので2つだけと考えていいと思います。

タイとは、バンカーとプレイヤーのカードの合計の数字が同じことを言います。

つまり、選んだ側が1又は数ユニット優勢に立つ可能性がある方を選びます。

もしもフラットベットをするのであれば、3ユニット以上勝たないと、相手の先には立てません。

これで、この戦略法は有効的だということが既に分かってもらえたでしょうか。

一方サイドを選んで実際にプレイする

新しいバカラシューターの最初から賭けていきます。

もしも結果が思わしくいかない場合、ロスを止めることで姿勢を立て直すことが必要になります。

絶対に3回続けて負けるようなことは無いようにします。(フラットベットやダブルダウン)。

もしも、3回負けたなら、賭けを一端中止してください。

あなた側が出るまで待ちます。

あなた側が出たら、これを合図にまた賭け始めます。

1シューターごとに、自分の目標を決めましょう。

お勧めは5ユニット以上勝つことを目指すことです。

目標を高く掲げて、負けた場合、このシューターでどこまで賭け続けるかを見定めなければいけません。

流れに逆らわなくてもいいときは、逆らわずに行きましょう。

逆流に面したら、勝利金を持って次のテーブルに移りましょう。

もしもバンカーサイドにかけているのなら、ほとんどのバカラテーブルではバンカー側が勝つとコミッションが引かれます。

バンカー側を選ぶ

バンカー側のサポーターには反対されるかもしれませんが、一番効果的な戦略はいつもバンカーに賭けるという声には耳を貸さないことです。

何故かというと:

  • 平均的なオンラインカジノのバカラプレーヤーは、2日に1日バカラを2-3シュータープレイする計算です。これでいつもこのシューターでバンカーが優勢に立つとは言えません。
  • バンカーはプレーヤーと比べてほんのわずか強いといえます。でもこのわずかな差は、バンカーのコミッションで消えてしまいます。

どの場面においても、3回負けたら止めるというルールを守ることが大切です。

1シューターで2回3回負けることがあったら、その日は運が悪いと思って止めましょう。

サイドを選ぶ攻略法の弱点

ほとんどの攻略法では、バカラシューターの全部で勝つことは無理ですが、これは一方サイドのみに賭けていく戦略にも言えることです。

カジノで常勝出来ないのは想定内です。
カジノで常勝出来ないのは想定内です。
カジノで常勝出来ないのは想定内です。

分かっているけど、大切なことなので3回書きました。

4勝3敗でよしとする潔さと

さらに、どのシューターにも通用する攻略法をグループ内のプレーヤーが同じ戦略を使っていたら、いつも勝つことはできません。

これは実際のカジノでもオンラインのカジノでもバカラで見受けられることです。

大切なのは、3回以上続けて勝たせてくれる良好なシューターを楽しんで、できる限りユニットを勝ち続けることです。

トレンドを乗り換える攻略法

この戦略法は、バカラにあるジグザグゾーンとプレイヤーとバンカーの縞模様の二つを乗り換えながらどちらも利用するというものです。

まずはフラットベットで始め、この二つのトレンドのうちの一つをフォローし始めます。

このトレンドで2回負けたら、賭けを止めるのではなく、違うトレンドに切り替えます。

そして、攻略法3のダブルをブレークする方法を加えれば、あなたもカジノのプロのようにプレイすることができるでしょう。

最終的なロスカットは少々幅を広く、12と言いたいところですが、8以上に設定するといいでしょう。

この攻略法を使えば、プレイ中にコントロールを保てるだけではなく、どちらのトレンドからも利益を得ることもできます。

ダブルをブレークする攻略法

バカラ攻略法

これはバカラのプロがお勧めする方法で、勝つ確率がかなり高いものです。

これでハウスエッジを破ることができるか?

約90%のバカラのシューではジグザグゾーンが現れることを想定しています。

ダブルをブレークする見極め方

  • ほとんどのシューで交互トレンド(BPBP)とダブルペア(PPBB)がでる
  • プレーヤー又はバンカー連続のトレンドが起こると、短い間にトレンドが別のトレンドに変わる
  • 別の側に賭けていきます。交互のパターンが続いていたら、その流れに合わせて賭けます。つまりはBPBPBPを想定して賭けていきます。
  • 自分の目標に達している(おススメなのは3又は5ユニット以上勝つことを目標にすること)、達していなければダブルに面していること。

もしもダブルダウンで負けたら、例えばBPBBPBの場合、4番目のBで負けることになりますが、そこでダブルダウンを予想すれば、5番目で勝つことができます。

この2つのステップを自分の目標を達成するまで繰り返すことです。

これによって1シューターあたりのロスを9以下に抑えることができます。

バンカー・プレーヤーの縞模様に当たったら、2つの選択肢があります。

ロスカットのリミットに達してる又は、目標に達するまでプレイし続けること。

  • ダブルダウンを狙って負け続けた場合、一端賭けるのを止めてリセットされるのを待ちます。つまりは、BBBPPPBBBPPBPときたら、ここの最後から2番目のBを頼りに、最後のPからまた賭け始めます。
  • 2シューターの半分以上に達していても、まだ勝てていない場合は、このシューターを諦めるサインです。シューターがもしも強い場合、つまりはバンカープレーヤが交互にシューターの前半で出続けている場合は、ジグザクゾーンに入る可能性が高いです。

まとめ

ペラジョン ライブバカラ 攻略する3つの方法について紹介しましたが、どの攻略法も完璧ではありません。

カジノで常勝出来ないのは想定内です。

この考え方を身体に沁み込ませないと結果的に月度単位で勝っているまで到達出来ないようにいつも感じます。

バカラが忍耐と鍛錬が必要になると言われるゆえんですね。

コメント

  1. […] 参考:ペラジョンライブバカラを攻略する3つの方法 […]